正当なオンラインカジノに詐欺やイカサマが無い理由
お金が関わることには慎重になるのが人間で、オンラインカジノを怪しい、イカサマなどがあるのではと疑う人もいます。
しかし、オンラインカジノは海外の法律に基づいて運営されていて、イカサマをすればライセンスの剥奪など重い処分を受ける可能性があります。

 

不正をするほど割に合わないのが現実です。
自主的に第三者機関に不正が入る余地があるかどうか、チェックして貰うカジノもあるほどです。
ただし、オンラインカジノは必ず儲かる、裏技があるといった発言がある人がいる場合は詐欺を疑う必要が出てきます。

 

イカサマをすることが許されない

 

オンラインカジノに限らず、ギャンブルはイカサマをしているのではという疑いの目を向けられがちです。
大きなお金が動く分、賭ける側も真剣になるからです。

連続して負け続けるなど、ツキに見放されたと感じ、イカサマガあるのではと考える人もいます。
結論から言えば、オンラインカジノはイカサマが許されない仕組みになっています。

 

これはオンラインカジノの運営には各国の法律に従う必要があり、不正な操作を行えば詐欺などを疑われるからです。
一般的なオンラインカジノは各国のライセンスを取得していて、ライセンスが合法的にオンラインカジノを運営する根拠になっています。

 

違反すればライセンス剥奪などの重い処分を受ける可能性があるほか、社会的な信用を失います。
オンラインカジノを二度と運営できなくなり、今までの投資が無駄になる可能性があるのです。

 

そのため、オンラインカジノはイカサマや不正を徹底的に排除するよう取り組むのが一般的です。
運営側がイカサマをしないだけでなく、持ち込むことができないようにすることもオンラインカジノの基本になっているのです。

 

不正を審査する第三者機関

 
不正を審査する第三者機関
いかに法律があっても、オンラインカジノで不正が起こりえると考える人もいます。
この点はオンラインカジノ運営者も理解していることが一般的ですが、証明は困難になります。
不正を働く側が不正をしていないと言うのは、一般的だからです。

 

しかし、それではオンラインカジノの信頼性自体が損なわれ、遊ぶ側にとってのメリットも消えかねません。
そのため、非営利でオンラインカジノを審査し、不正がないかチェックする団体がいくつも生まれています。

 

特に有名なのがイーコグラ(eCOGRA)です。

 

イギリス発祥の審査機関で、乱数発生器やペイアウトをチェックし、オンラインカジノの信頼性を評価していることで有名です。
いくら賭けて、いくらプレイヤーに戻ったかをチェックするペイアウトはオンラインカジノを遊ぶ上で重要な指標になります。

 

審査が厳しいことでも有名で、イーコグラの認証を受けたオンラインカジノを選べば詐欺や不正に会う確率をほぼ無くすことができます。
他にもオンラインカジノソフトの公平性をチェックするGLIや、オンラインゲームのセキュリティなどをチェックするiTech Labsなどが代表的です。

 

第三者機関の認定を受けている場合は、オンラインカジノの公式ページのTOP下にライセンスなどとともに表示されるのが一般的になっています。
より信頼性が高いオンラインカジノを選びたい場合は、第三者機関の認定を受けているかチェックするのがおすすめです。

 

必ず儲かるといったメールには注意

 
必ず儲かるといったメールには注意
正式なライセンスを取得し、第三者機関の認定を受けたオンラインカジノで不正が起こることはほぼありえません。
問題は、オンラインカジノを装い、必ず儲かるから登録するように促すといった詐欺メールです。

 

オンラインカジノがいかに自社の運営に厳しくても、関係のない第三者が名称を勝手に使い、詐欺に利用することは難しいのが現実です。
登録した覚えのないオンラインカジノからのメールや、友人などを装ったメールなどは警戒する必要があります。

 

重要なのは必ず儲けられるオンラインカジノは存在しないことです。
必ず儲かる裏技などがあれば、オンラインカジノのセキュリティに問題があり、不正ができる余地があったという解釈になります。

 

オンラインカジノも、オンラインカジノにゲームを提供するソフトウェア会社もそういった事態は徹底的に防ごうとしてます。
オンラインカジノの信頼性に関わる問題だからこそ、裏技などはありえないのです。

 

不信なメールがあった場合は開かない、あるいは本当にオンラインカジノの運営会社が送ったものか確認する慎重さも大切です。

 

正当なオンラインカジノで詐欺はありえない

 

正当なオンラインカジノは法律に基づき運営されています。
詐欺やイカサマが入り込む余地がなく、問題があれば経営自体がなりたたなくなります。

 

不正がないかチェックする第三者機関も数多くあり、イカサマを行えば儲け以上の損失やリスクを背負うことになるのがポイントです。
割に合わないからこそ、積極的に詐欺を働こうとするオンラインカジノは存在しないのです。

 

ただし、オンラインカジノを装ったスパムメールなども存在するため、実際のオンラインカジノとは無関係であることを念頭に、関わらないようにすることも大切です。